世界初の放射冷却素材
「Radi-Cool」

特許技術を取得した世界初の放射冷却素材「Radi-Cool( ラディ クール)」 熱を特定波長で放出することで、暑い夏でも涼しさを感じられます。 エネルギーを消費せず、環境負荷のない革新的な技術を応用したラディ クールは、 SDGs素材としても注目されています。

環境に優しいラディ クール素材

直射日光下でも、水やエネルギーを消費することなく冷却できる新素材「Radi-Cool」 この素材は、環境に負担のない「放射冷却メタマテリアル技術」を応用して作られています。 ラディ クールの持つ冷却力を布生地に持たせることで、様々な用途や状況に対応することの出来る製品が誕生しました。

「放射冷却メタマテリアル技術」とは
コロラド大学ボルダー校の研究者らが、世界トップの科学紙「サイエンス」で発表し世界中から注目を集めた世界初の技術。 マイクロナノ構造とサイズ調整で物体からの熱放射を、大気の窓の一部である8〜13マイクロメートルの赤外線に集約して、宇宙空間へ放出することで、エネルギーを使わずに物体の表面温度を下げることができます。

ラディ クールは、年々上昇している気温に合わせ熱さを解消できる製品の実現に向けて取り組んで参りました。 布製品以外にも、フィルム、塗料などが開発されており、大型建築・太陽光発電所・低温物流・交通運送・農業など幅広い用途で使われ、羽田空港の連絡通路や搭乗口の外装などにも採用されています。 また、2021年11月には、日産自動車株式会社との共同開発の一環として、ラディ クール素材を活用した日産純正アクセサリー商品「サンシェード」、「カーサイドタープ」、「ハーフボディカバー」を一部車種に向けて販売を開始しました。

ラディ クールとNISSANのロゴ

ITEMS

ALL ITEM