ABOUT

イメージ画像1

世界初の放射冷却素材【ラディ クール】
直射日光下でもゼロエネルギーで物を冷やし
炎天下でも日陰のような涼しさを感じられます

[Radi-cool], the world's first radiant cooling material
cools things with zero energy even under direct sunlight.
Even under the scorching sun. you will feel as cool as in the shade !

Radi-Cool(ラディ クール)とは?
直射日光下でも、電気を使わずに冷やすことができる素材で、
環境に負担のない「放射冷却メタマテリアル技術」を応用して作られています。

冷やすってどういうこと?

通常熱は電磁波として高いところから低いところへ伝わります。
宇宙はマイナス270度なので、地球上の熱は宇宙に出ていくことになりますが、地表からの熱の大部分は地球の大気によって吸収・反射・乱射され、実際に宇宙空間に放出されるのはごく限られた波長域だけになります。
この波長域が「大気の窓」です。
マイクロナノ構造とサイズ調整で物体からの熱放射を、大気の窓の一部である8〜13マイクロメートルの赤外線に集約して、宇宙空間へ放出することで、エネルギーを使わずに物体の表面温度を下げることができます
この特許技術を取得した世界初の放射冷却素材が「Radi-Cool( ラディ クール)」です。

イメージ画像2

ほんとに冷たくなるの?

ラディ クール素材の帽子と、他社製品を同じ状況で比較したところ、表面温度におよそ7℃の差がありました。
屋外での長時間作業や、運動等、ラディ クール素材は熱中症対策として、
大きな役割を果たすことでしょう。

イメージ画像3

どこで使われているの?

布製品以外にも、フィルム、塗料などが開発されており、大型建築・太陽光発電所・低温物流・交通運送・農業など幅広い用途で使われ、羽田空港の連絡通路や搭乗口の外装などにも採用されています。
また、2021年11月には、日産自動車株式会社との共同開発の一環として、ラディクール素材を活用した日産純正アクセサリー商品「サンシェード」、「カーサイドタープ」、「ハーフボディカバー」を一部車種に向けて販売を開始しました。

他社製品との比較
■測定場所:東京都中央区 
■測定日時:2020年4月16日
■気象温度:21.0℃ 
■測定時間:AM10:00

弊社製品 他社製品
表面温度 21.0℃ 27.9℃
温度差 -6.9℃
  • ※当社調べ
  • ※冷却効果については使用状況や状態によって変動し、性能を保証するものでは
    ございません。
  • ※使用条件及び環境(温度・湿度・体温)により冷感が落ちる場合があります。
    冷感には個人差があります。
  • ※生地の特性があるため、放射冷却効果が季節に関係なく継続します。

環境負荷なく世界を冷やせ!
【ラディ クール】

地球に優しい放射冷却メタマテリアル技術です。現在、全世界から求められている地球温暖化対策。ラディ クール社は「 放射冷却メタマテリアル技術」を利用した製品で、大型建築・太陽光発電所・低温物流・交通輸送・農業など幅広い用途のビジネスへ提案します。

電気を使わずに永遠に冷える板

他社日射反射フィルムとラディ クールフィルムを貼ったステンレス板にバターを乗せて、バターの溶ける様子を比較実験した動画です。※地面からの熱の影響を抑えるため、発泡スチロールの上にステンレス板を設置しています。